新波止砲台跡 (シンハトホウダイアト)

島津斉彬が建設 鹿児島城下の主力砲台

中薩摩エリア 鹿児島の近代化産業遺産 国指定文化財 薩英戦争 砲台

鹿児島城下の防衛のために設置された主力砲台。島津斉彬が、1846年頃に建設されていた防波堤を改築し、凝灰岩の切石によって砲台を建設しました。薩英戦争時には、国内最大級の150ポンドボンカノン砲をはじめとする11門の大砲を配備。イギリス艦隊と交戦します。イギリス側の記録には、新波止砲台から発射された砲弾が、旗艦ユーリアス号に命中し、ジョスリン艦長らが戦死したと記されています。1872年、一丁場台場が新波止砲台の南、約87mの地点に築かれましたが、1904年の継ぎ足し工事によって現在は2つの堤防がひとつに繋がっています。

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市本港新町
交通アクセス 鹿児島市営バス,かごしま市営バスシティービュー「かごしま水族館」
駐車場 【県営駐車場】(第1駐車場から第3駐車場)
普通車 1時間まで無料(以後1時間毎に200円)
大型車 1時間まで無料(以後1時間毎に630円)
【ドルフィンポート駐車場】
30分まで無料(以後30分毎に100円)
ホームページ 明治維新とかごしまみて歩きHP

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.