• 受入人数:        
  • 所要時間:        
  
  
県内のエリア案内を見る(鹿児島県公式サイトへ)
  
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  

現在の検索条件:

海上自衛隊鹿屋航空基地史料館

カイジョウジエイタイカノヤコウクウキチシリョウカン
  • 雨でもOK
  • 所要時間: 1時間まで
鹿児島県のこのあたり
大隅

鹿屋市には、太平洋戦争時に3つの飛行場が存在し、日本で最も多くの特攻隊が出撃した歴史があり、館内には旧日本海軍創設期から第二次大戦にいたるまでの貴重な資料のほか、特攻隊員の遺影や遺書などが展示されています。その他にも、海上自衛隊の活動状況も紹介されています。

基本情報

住所 鹿児島県鹿屋市西原3丁目11-2
電話番号 0994-42-0233
営業日 通年
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 12/29~1/3
受入期間12/29~1/3を除く
受入時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
受入人数要相談
対象小・中・高校生
所要時間60分
料金 無料
アクセス 空港から空港バスで鹿屋バスセンターまで(約100分)、鹿屋バスセンターからバスで約5分、航空隊前から徒歩で約3分
駐車場
ホームページ 公式サイトを見る
備考鹿屋から飛び立った特攻隊員の遺影や遺書などを展示する。太平洋戦争末期、旧海軍の鹿屋基地からは日本最大の908名の特攻隊員が飛び立ち、再び帰ることはなかった。鹿屋航空基地史料館では、復元された零戦や特攻隊に関する貴重な資料などを見学できる。また東郷平八郎、山本五十六といった海軍史を語るに欠かせない人物についても知ることができる。

マップ