電信の碑 (デンシンノヒ)

島津斉彬が取り組んだ電信実験の成功を伝える記念碑

中薩摩エリア ガス灯・電信

1857年、蘭学者の松木弘安(寺島宗則)、中原猶介は、鶴丸城本丸と二ノ丸庭園探勝園の間に電線を引き、電信実験に成功しました。実験成功後は、地雷や水雷の起爆装置に電気技術を応用。市来四郎は仙巌園で地雷の爆破実験をしたときの様子を「電気装置で通電したところ、(爆薬が)激しく爆発し振動で山々が揺れた」と書き残しています。また、電信実験に携わった寺島宗則は、電信の重要さを感じて、維新後に国内の電信網の整備や万国電信条約への加盟に尽力しました。現在探勝園は公園として整備され、電信碑が建てられています。

産業遺産情報

建設年代 安政4年(1857)
土地所有者・管理者 鹿児島市
標柱・説明版 標柱有り
地表遺構の有無 当時の電線等は現存していませんが、探勝園跡は公園化され、標柱が立てられてます。

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市山下町
交通アクセス JR鹿児島中央駅より
徒歩で20分
バスで約10分「天文館」バス停下車徒歩5分
市電で約10分「天文館」電停下車徒歩5分
駐車場 有り(照国神社駐車場、戊辰駐車場)
ホームページ 明治維新とかごしまみて歩き

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。