林芙美子文学碑・古里公園 (はやしふみこぶんがくひ・ふるさとこうえん)

『放浪記』作者、林芙美子文学碑と雄大な桜島

中薩摩エリア 歴史施設・資料館・美術館など 桜島・開聞岳眺望スポット

多目的広場を備えた古里公園内には、小説「放浪記」「浮雲」などで知られる女流作家・林芙美子の文学碑があります。
林芙美子の母親は桜島の出身で、芙美子も鹿児島市で一時期を過ごしました。芙美子の本籍地である古里町に、銅像2体と「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」と刻んだ文学碑が建てられています。

基本情報

住所 〒891-1544 鹿児島県鹿児島市古里町1078-52
電話番号 099-216-1366(鹿児島市公園緑化課)
営業日 通年
交通アクセス ・桜島港桜島フェリーターミナルから車で約15分
・桜島港桜島フェリーターミナルから自転車約70分
駐車場 あり
ホームページ 特集記事:「桜島」の観光情報、完全攻略マニュアル!
備考 古里公園については上記連絡先へ  林芙美子文学碑については鹿児島市観光振興課(099-216-1327)へ

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.