造士館跡 (ゾウシカンアト)

あの西郷隆盛などを輩出した薩摩藩の藩校「造士館」

中薩摩エリア 教育・研究

1773年に島津重豪が創設した藩校。隣接地には諸武芸を学ぶ演武館や、医学を学ぶ医学院も創設されました。島津斉彬は「学問は実際に世の中に活用され、人の生きる道に役に立つようにすべき」との理念を掲げて造士館の教育改革に着手。斉彬は造士館で日本の古典や歴史、西洋科学など幅広い学問を学べるようにし、新時代を担う人材を育成しました。また、分校を吉野に設置し、貧しい藩士には奨学金の援助も。造士館では、西郷隆盛や大久保利通、東郷平八郎、吉野分校では桐野利秋、別府晋介など、幕末から明治期に活躍した藩士らが学びました。

産業遺産情報

建設年代 安永2年(1773)
土地所有者・管理者 鹿児島市
標柱・説明版 標柱,説明板有り
地表遺構の有無 遺構は確認されていません。現在は中央公園となっています。
見学の際の留意事項 ・標柱は「造士館・演武館跡」の標柱になっており、中央公園には医学院跡の標柱・説明板も置かれています。
・照国神社から歩いて5分程度の場所にあるため、探勝園や電信碑と一緒に見学できます。

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市山下町
交通アクセス JR鹿児島中央駅より
徒歩で20分
バスで約10分「天文館」バス停下車徒歩4分
市電で約10分「天文館」電停下車徒歩4分
駐車場 有り(中央地下駐車場)【営業時間】
7時より25時まで
【時間料金】
30分毎に150円
ホームページ 明治維新とかごしまみて歩き

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。