薩英戦争本陣跡(千眼寺跡) (サツエイセンソウホンジアト(センゲンジアト))

藩主が指揮を執った薩英戦争の本陣

中薩摩エリア 薩英戦争

千眼寺は禅宗の一派である黄檗宗の寺です。1805年、島津重豪が荒田村から現在地に移築したといわれています。薩英戦争が勃発した際には、海に近い鹿児島城がイギリス軍の大砲の射程圏内となるため、海から離れた千眼寺に本陣が置かれました。そして、島津久光、忠義親子がここから藩士たちの指揮を執りました。

産業遺産情報

建設年代 文化2年(1805)(千眼寺を、島津家25代当主重豪が荒田村から現在地に移した年)
土地所有者・管理者 民有地
標柱・説明版 標柱,説明板有り
地表遺構の有無 明治時代に廃仏毀釈によって寺は壊され、現在は一般の住宅となっています。遺構はほぼ残っておらず、庭に井戸や智福和尚の石像が残るのみです。家の前には、標柱が立てられています。
見学の際の留意事項 ・住宅の敷地内に井戸や智福和尚の石像がありますが、敷地内は立ち入り禁止です。

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市常盤町
交通アクセス 鹿児島市営バス「西田小学校前」バス停徒歩5分
駐車場 無し
ホームページ 明治維新とかごしまみて歩きHP

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。