厚地松山製鉄遺跡 (アツチマツヤマセイテツイセキ)

高炉操業を可能にした 薩摩の製鉄炉

南薩摩エリア 県指定文化財 製鉄

厚地松山製鉄は、厚地川上流一帯に広がる江戸時代の大規模な製鉄所でした。頴娃の矢越の浜から砂鉄を運び、炉への送風に水車動力を活用して製鉄を行っていました。発掘調査では、水車を回す水路跡や製鉄炉、鍛冶炉が発見されています。水車を動力とし、炉の構造が背の高い石組み炉である点が共通していることから、集成館の高炉建設にこれらの在来技術が応用されたといわれています。現地には、今も製鉄によって排出された大量の鉄滓(てつさい)が残されています。

産業遺産情報

文化財指定 県指定史跡
建設年代 18世紀~19世紀
土地所有者・管理者 個人
標柱・説明版 標柱,説明板あり
地表遺構の有無 杉林の中に水車を掛けていた水路の石組みと,水車の坊主木が回っていた土台石が良好に残っています。周辺には多量の鉄滓が残っています。

基本情報

住所 鹿児島県南九州市知覧町厚地
電話番号 0993-83-4433(南九州市教育委員会)
交通アクセス 南九州市役所より車で約10分
駐車場 無し

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。