今和泉島津家墓地 (いまいずみしまづけぼち)

<篤姫ゆかりの地>

南薩摩エリア 史跡・寺社・武家屋敷

今和泉島津家初代の忠郷から、代々の当主とその家族などが埋葬されている。またそれ以前の和泉家の先祖を祀る五重塔も建立されている。墓石の数は14基あり、それを取り囲むように、それぞれの石灯籠が並ぶ。敷地外ではあるが、裏手の道路沿いに3基の六地蔵塔も見られる。その多くが山川湾付近のみで産出される独特の色合いをした山川石で造られている。もちろん篤姫の父である忠剛や、兄忠冬などもこの地に眠るが、明治以降に亡くなった一族の墓はこの地にはない。この墓地はもともとは宝暦7(1757)年の創建といわれる、今和泉島津家にとっては菩提寺の光台寺内にあったもの。光台寺は明治2(1869)年の廃仏毀釈によって廃寺となっている。
(文章・画像などの無断転載、二次利用をお断りします/観光かごしま大キャンペーン推進協議会)

基本情報

住所 鹿児島県指宿市今和泉
電話番号 0993-22-2111(指宿市観光課)
交通アクセス JR指宿枕崎線「薩摩今和泉駅」より徒歩10分。
駐車場 「篤姫ゆかりの地駐車場」あり
ホームページ 公式サイトを見る
鹿児島の人物「天璋院篤姫」

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.