山川薬園跡 (ヤマガワヤクエンアト)

1659年に設置された 薩摩藩の薬用植物栽培園

南薩摩エリア 県指定文化財 農業

山川薬園は、1659年に設置された薩摩藩の薬用植物栽培園です。広さ約5,600㎡で、レイシやハズ、キコク、カンラン、リュウガンなどの薬草が数多く植えられていました。現地に残るリュウガンは推定樹齢300年以上。鹿児島県の天然記念物に指定されています。薩摩藩は山川、佐多、吉野の3カ所に薬園を設置しました。なかでも山川薬園は最も古い薬園といわれています。

産業遺産情報

文化財指定 県指定天然記念物
建設年代 万治2年
(1659)
土地所有者・管理者 指宿市
標柱・説明版 標柱,説明板あり
地表遺構の有無 建造物は残されていないが、リュウガンの樹等、薬園の樹木が残っています。
見学の際の留意事項 リュウガンは4〜5月に開花し、7〜8月に実をつけます。

基本情報

住所 鹿児島県指宿市山川町新生町35
電話番号 0993-23-5100(指宿市教育委員会社会教育課)
交通アクセス JR山川駅から車で5分
指宿市役所山川庁舎/山川文化ホール横
駐車場 あり(山川文化ホール)
ホームページ 公式サイトを見る

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。