尚古集成館

前へ 次へ
 
尚古集成館(本館)は、慶応元年(1865)に建てられ、金属加工や蒸気機関の修理などを行っていた、現存する最古の洋式工場建築物です。平成27年(2015)には「明治日本の産業革命遺産」の 構成資産として、世界文化遺産に登録されました。現在は、島津家の歴史や集成館事業を紹介する博物館として、江戸時代につくられた 薩摩切子や、工場として稼働していた当時の機械 など、島津家伝来の資料を中心に収蔵・展示しています。
※詳しくは仙巌園公式サイトをご覧ください

周辺スポットPick Up  

  • 名勝 仙巌園
    名勝 仙巌園

    万治元年(1658)に島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸です。28代斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景観を楽しむことができます。

  • 島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館
    島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館

    尚古集成館に隣接するレトロな洋館で、薩摩切子をはじめ薩摩の工芸品が並ぶショップです。併設の工場では、鮮やかな色彩と繊細なカットが特徴である薩摩切子の製造工程を見学できます。

住所 鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1 MAP
電話番号 099-247-1511 Phone
FAX番号 099-248-4676
交通アクセス [車]
・鹿児島中央駅から約20分
・鹿児島空港から(姶良IC~国道10号線経由)約40分
・桜島フェリー桟橋から約10分
・鹿児島中央駅からカゴシマシティビューまち巡りバスで「仙巌園前」バス停下車すぐ
駐車場 ・乗用車100台(一日300円)
・バス25台(一日1,000円)
料金 仙巌園と共通券
大人・高校生以上1,000円
小・中学生500円
営業時間 9:00~17:00
営業期間 通年
休日 年中無休 
※3月1日は臨時閉館
HP 関連リンクを見るWeb
関連リンク 鹿児島の人物「島津斉彬」

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約