• ブリ-0

ブリ

国内外で高評価!鹿児島を代表するおいしい出世魚
カンパチ同様に、ブリの養殖生産量も日本一を誇る鹿児島県。県内各地で丹念に育てられた多彩なご当地ブリのほか、県北の薩摩川内市では天然ブリが味わえます。旬の天然ものがお得に味わえる春イベントもありますよ。
※画像は全てイメージです。

だからブリが美味しい

脂ののった良質ブリを春夏秋冬、いつでも満喫
魚の養殖に適した内湾を多く持ち、ブリの稚魚であるモジャコもよく獲れる鹿児島県。昭和33(1958)年の試験養殖の開始以来、県内でブリの養殖が始まり、今や日本一の生産量を誇る“ブリ王国”になりました。天然ブリの旬は冬ですが、県内各地では徹底した環境作りや飼料管理を行い、一年を通して旨みがあり脂ののったブリを出荷。国内はもちろん、アメリカやヨーロッパ諸国にも輸出し、高く評価されています。

ブリ料理

ブランドブリの産地でブリ三昧!
生で、焼いて、煮て、揚げてと、どんな料理でも楽しめるブリ。県内の各産地では、自慢のブリを活かした多彩なメニューを用意しています。例えば、「鰤王」を育てる長島町の「長島大陸市場食堂」。ぶり刺しにアラ炊き、アラ汁がついた「鰤王定食」のほか、甘口の醤油だれで漬け込み、衣を付けてカラリと揚げた「ブリカツ定食」、鰤王そぼろ赤土ジャガイモコロッケ定食など、お好みの調理法でブリを堪能できます。

長島大陸市場食堂
〒899-1403 鹿児島県出水郡長島町諸浦1285
電話番号:0996-86-0780 営
業時間:11:00~14:00(水曜定休)

「桜ブリ祭り」

天然ブリが味わえるお祭りに行こう
東シナ海に面した県北の薩摩川内市。桜が咲き始める春先、甑島周辺に産卵を控えたブリが集まってきます。3月23日(土)に行われる「桜ブリ祭り」は、この「桜ブリ」と呼ばれる天然ブリを満喫するイベント。市内の「川内とれたて市場」を会場に、天然ブリを使ったお惣菜が販売されるほか、ブリの竜田揚げの無料試食(予定※なくなり次第終了)も行われます。

シェアする

次に読みたい記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.