• キビナゴ-0

キビナゴ

生で、揚げて、焼いてよしの美味なる小魚
東シナ海に浮かぶ甑島や種子島をはじめ、鹿児島県全域で獲れるキビナゴ。銀色に輝くきびなごは鮮度が落ちるのが速い、つまり美味しい時間が限定された魚。獲れたての美味しいうちに味わいましょう。
※画像は全てイメージです。

だからキビナゴが美味しい

獲れたて新鮮、銀色の帯が輝くうちに
体調約10㎝、体に美しい銀色の縞模様を持つニシン科の魚。鹿児島県で帯のことを「キビ」と言うことから、「キビナゴ」の名が付いたと伝えられています。旬は産卵期をむかえる春~初夏。身のしまった冬場のキビナゴもまた格別です。塩焼き、唐揚げ、てんぷら、お吸い物など、色々な料理で楽しめますが、イチオシは獲れたてでしか味わえない、しかも見た目も華やかなお刺身です。

キビナゴのお刺身

産地だけの特権!獲れたての刺身を甘めの酢味噌で
小さくて身も柔らかなキビナゴ。お刺身では包丁を使わずに、指でやさしく頭と内臓、骨をとり、丁寧に身を開いたらくるりと巻いてお皿の上に。お店によっては、大輪の菊の花が咲いたように華麗に並べた「菊花造り」で登場するところもあります。鹿児島県ではきびなごのお刺身を醤油ではなく、ミョウガやネギ、カイワレ大根などの薬味を包んで、甘めの味噌と辛子で作った酢味噌で味わうのが一般的です。

キビナゴラーメン

キビナゴラーメン-1

薩摩川内市のご当地ラーメン。甑島産のキビナゴを使用した香り豊かなスープが自慢の一品です。

もっと見る

シェアする

次に読みたい記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.