本物の素材を生かしたメニューがいっぱい!かごっまグルメ&お土産

かつお

春は日本一早く、秋はゆっくりと旬の味を堪能
黒潮にのって春と秋に大回遊するかつおも鹿児島を代表する魚介の1つ。なかでも薩摩半島の南端にある枕崎は、かつお節の生産量が日本一の町。多彩なかつお料理が味わえるほか、かつおの加工工場の見学なども楽しめますよ。

※画像は全てイメージです。
近海ものは生かつお、遠洋ものはぶえん鰹で新鮮さをキープ
奄美大島周辺から薩摩半島の南沖でかつお漁が行われてきた鹿児島県。1707年に紀州から伝わったかつお節製法は現在も引き継がれ、特に枕崎市は日本一のかつお節生産地となっています。近海の獲れたて生かつおを味わえるのが、枕崎の魅力。さらに、遠洋で一本釣りしたかつおを船上で活け締め(血抜き)し急速冷凍した「ぶえん鰹」と呼ばれるかつおが味わえるのも、枕崎ならではです。獲れたて状態がキープされており、その新鮮さと臭みのなさが自慢です。
枕崎の2大ご当地かつお丼を食べよう
かつお料理といえばお刺身やタタキが一般的ですが、せっかくなら地元産のかつおを活かした枕崎2大どんぶりを味わってみてはいかがでしょう。1つは海の男たちの漁師めしをヒントに誕生したかつお丼&だし茶漬けの両方が楽しめる「枕崎鰹船人めし」。もう1つは脂ののった腹皮料理をメインにしたボリューム満点の「枕崎鰹大トロ丼」。枕崎市内の数店で用意しているので、食べ比べてみるのもおすすめです。
漁港でファイヤー!豪快にかつおのタタキを作ろう
枕崎漁港に隣接する「枕崎おさかなセンター」では、獲れたてのカツオを使ったタタキ作り&実食が楽しめる「かつおのわら焼き体験」を実施。丸々太った枕崎産かつおを3枚におろしたら、わらに火をつけ、かつおの身を豪快に炙って、氷水にドボン!この一連の流れを参加者みんなで体験したら、お待ちかねの実食です。前日までに要予約。
かつお商品の製造現場がまるわかり!
枕崎産かつおの刺身やタタキをはじめ、多彩なかつお商品の製造販売を行う「枕崎市かつお公社」。館内には自社製品や枕崎の特産品を販売する直売所があり、隣接する工場の見学も可能です。一本釣りのかつおを船上で活き締めにし-50℃に急速冷凍した「ぶえん鰹」の解凍、整形工程のほか、フィレーやタタキなどの商品になっていく様子を、ガラス越しに見ることができます。