本物の素材を生かしたメニューがいっぱい!かごっまグルメ&お土産

サバ

刺身で味わう!味わえる!鹿児島のサバ
おいしさはもちろん、タンパク質に鉄分、ビタミンB2などの栄養素もたっぷりな魚「サバ」。鮮度の落ちが速く、一般的に生食はNGのイメージですが、鹿児島県には刺身で味わえる、うまいサバがあるんです。

※画像は全てイメージです。
鮮度キープの天然サバ&生食用の養殖サバ
鹿児島県で獲れるサバの多くはゴマサバで、一般的なマサバに比べて脂肪分が少ないのが特徴です。その代表格が屋久島沖で獲れる「首折れサバ」。独自の手法を用いて活きた身のまま港へ、そして板場に運ばれ、透明感のあるお刺身になってテーブルの上に並べられます。さらに県北の長島町の「むじょかサバ」をはじめ、刺身用の養殖サバも多数育てられており、鹿児島県の“サバ刺身”文化をバックアップしています。
地元の漁師めしをヒントに生まれた豪快ヅケ丼
東シナ海に面した県北の阿久根市。うにやイセエビなどの高級魚はもちろん、アジやサバなどの身近なお魚も侮れません!豊富なえさを食べて育った阿久根のサバは身が太く、特に冬場に採れる寒サバは脂ものって実に美味と評判。この寒サバを鹿児島県の特産である黒酢でシメサバにして、甘く濃厚な地元醤油と風味豊かな柚子で作った特製だれに漬け込み、アツアツのご飯にのせたら、阿久根のB級グルメ「さばめし」の出来あがり。地元の漁師めしをヒントに生まれたこの豪快ヅケ丼は、市内5店舗で味わえます。
お刺身だけでなくしゃぶしゃぶ&すき焼きも
「首折れサバ」とは、一本釣りで釣り上げた直後に首を折り、すぐに血抜きをして氷水に入れて獲れたての鮮度がキープされたゴマサバのこと。一連の手法により、臭みがほとんどなく身の締まったお刺身が味わえます。本場の屋久島では、この「首折れサバ」を刺身のみならず、薄切りの身での「サバしゃぶ」やすき焼き風の「サバスキ」が楽しめるお店も。鮮度第一、獲れた日しか食べられない「首折れサバ」なので、漁の状況を事前に問い合わせみてくださいね。