別府城跡(加世田城) (ベップジョウセキ)

別府城は加世田城とも呼ばれ、1177年に別府忠明によって築かれました。

南薩摩エリア 史跡・寺社・武家屋敷

平安時代の末1100年ごろ、加世田を領有したのは平家一族の別府五郎忠明でした。忠明は加世田に別府城を築き、以来300年余年間別府氏の治世が続きました。別府城は、福寿城・尼ヶ城・中之城の三城に分かれていましたが、明治36年に加世田小学校がここへ移転した際、三城をならして校地にしたので、昔の姿はなくなりました。その上、昭和37年に城の大半が削られて、下の平地と同じ高さになってしまいました。ただ、尼ヶ城等の一部が東西に残っており、大手口も途中までは昔のおもかげを保っています。別府氏は1420年(応永27年)第8代島津久豊に降り、それから約120年間は、出水の島津氏が城主となりました。現在は市街地となり、石碑が建てられているのみで遺構は残っていません。

基本情報

住所 鹿児島県南さつま市加世田武田
電話番号 0993-53-2111(南さつま市教育委員会文化課)
交通アクセス 【バス】
・鹿児島空港から空港連絡バスで加世田まで約1時間30分。
・鹿児島中央駅からバスで加世田まで約1時間30分。
【車】
・高速自動車道路を利用する場合は、谷山ICから加世田まで約35分。
・鹿児島~加世田は車で約1時間20分。別府城跡は、加世田ステーションから南へ約1キロ。
駐車場 竹田神社近く、加世田運動公園近くに駐車スペース有り
ホームページ 公式サイトを見る

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.