ぜひ見たい!絶景ビュースポット12選

国立公園らしいフォトジェニックな景色を探しに行こう
鹿児島のシンボルである雄大な桜島を臨む絶景。季節によって色を変える霧島連山の絶景。青い空と海を擁する本土最南端の絶景。
霧島錦江湾国立公園には、SNSで映えるビュースポットがたくさんあります。
錦江湾最大の干潟と数百メートル続く白砂青松の浜辺、そして雄大な桜島が織りなす美しい景観が特徴です。夏には海水浴場としても多くの利用者で賑わいます。
島津家第19代光久が1658年に島津家の別邸として造った庭園です。雄大な桜島と錦江湾をそれぞれ築山と池に見立てた壮大なスケールの借景が美しく、天下の名園といわれ、1958年に国の名勝に指定されました。
鹿児島市吉野町にある寺山展望台は、海抜400mに位置し、北に霧島連山、眼下に錦江湾、そして正面に桜島を臨む絶景スポットです。
頂上からは桜島や錦江湾、霧島連山など、雄大な景観を楽しむことができます。また峠一帯は高峠つつじヶ丘公園として整備されており、春には多くの花見客で賑わいます。
桜島の北岳4合目、標高373mと最も高い所にある展望所です。山頂、中腹、山裾、光り輝く錦江湾、対岸に広がる鹿児島市、湾奥に目を移せば霧島山、はるか南に秀麗な開聞岳と360度のパノラマが見る人を飽きさせません。
標高1,700mの本公園最高峰であり、直径900m、深さ300mの火口を持ちます。山頂周辺からの眺望は絶景で、天気が良ければ、錦江湾や桜島、遠く開聞岳も見渡すことができます。
天孫降臨神話が伝わる神秘的な山で、登山道沿いにミヤマキリシマの群落を見ることができます。ミヤマキリシマの見頃は5月下旬~6月上旬頃。
阿多カルデラと関わりの深い阿多火砕流によって形成された幾何学模様の岩肌と、澄んだエメラルドグリーンの滝壺とのコントラストは幻想的です。
秀麗な山体をもち、地域のシンボルともなっている火山です。標高924mの山頂は360度の眺望が開けており、桜島や霧島連山、大隅半島、屋久島まで見渡すことができます。
およそ5700年前の巨大噴火でできた、周囲15㎞、水深233mの九州最大のカルデラ湖です。指宿市の天然記念物に指定されているオオウナギの群棲地としても知られ、1月には一面の菜の花畑が見頃となります。
砂むし温泉で有名な指宿温泉の北側に浮かぶ島です。干潮時(年間80日程度)には砂州が現れて島までつながり、徒歩30分ほどで渡ることもできる陸けい島です。
九州本土最南端に位置し、展望台からは太平洋、東シナ海、錦江湾が一望できます。晴れた日には薩摩富士の異名で名高い開聞岳(924m)や種子島、屋久島などの島々の眺望も楽しめます。