• 奄美の魅力-0

世界に誇れる奄美の魅力

奄美群島とは、鹿児島の南方380~580キロメートルの海上に点在する島々(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)のことで、奄美群島諸島ともよばれている。世界的にも稀な亜熱帯性降雨林をはじめ、温帯林の特徴を残す山地林から河口域のマングローブ林、熱帯性植物からなる海岸植生、砂浜からサンゴ礁までバラエティーに富んだ景観美を示している。 奄美大島では集落のことを「シマ」とよぶ。それぞれのシマには先祖から伝えられる唄、踊り、シマヌジュウリ(料理)があり、それらは今でも生活に欠かせないものになっている。また、長寿に良いとされる島の伝統野菜や、花粉症がない島としても注目されている。 歴史に翻弄されながらも、常に自然をリスペクトし、風土に沿った暮らしを営み、縦ではなく横の絆を大切にしてきた。「子は宝」というその言葉の通り、ここには、まるで故郷に帰ってきたかのような、癒しのホスピタリティがある。

世界自然遺産 奄美トレイル

奄美の島々を歩く / Amami World Heritage Trail
亜熱帯の森や白い砂浜、サンゴの石垣のある集落など、奄美ならではの自然や文化にふれ合うことのできるコースを地域の方々と一緒に選びました。
世界自然遺産奄美トレイルは、島の人たちや訪れる人たちにとって、次のような道となることを目指しています。
 ・自然や人とのつながりを感じる心を育む道
 ・地域住民が地域の誇りを再認識し、地域を元気にするきっかけとなる道
 ・奄美群島の島々のつながりを深める道

※トレイルのルール、全体マップ・エリア紹介、MAP入手方法など、公式サイトをご覧ください


[お問合せ先]環境林務部自然保護課奄美世界自然遺産登録推進室
 TEL:099-286-2759

伝統・文化

1300余年の歴史を持つ高級絹織物「本場奄美大島紬」
奄美での養蚕の歴史は古く、奈良時代からすでに手紡ぎの糸で褐色の紬が作られていた。世界に類を見ない精巧な織りと染めはまさにアート。幾重もの工程を経て出来上がる逸品には、自然と人々の想いが息づいている。天智天皇の頃から梅染め、桃染め技法をもとにしたテーチ木(車輪梅)染めが行われるようになり、年代とともに技法は研ぎ澄まされ、江戸時代、薩摩藩への上納品としてさらに精緻をきわめた。

シェアする

次に読みたい記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.