• トカラ列島-0

<十島村>吐噶喇(トカラ)列島 ~口之島・中之島・平島・諏訪之瀬島・悪石島・小宝島・宝島~

無垢の大自然と人の温もりに触れてみよう
ありきたりじゃない旅がしてみたい。そう思ったら。屋久島と奄美大島に挟まれて並ぶトカラ列島へ出かけよう。南北に約160km。7つの有人島と5つの無人島からなる。人が常に住む地域としては日本一縦長の村だ。火山の島(口之島・中之島・諏訪之瀬島)、珊瑚礁の島(宝島・小宝島)、温泉の島(悪石島)、平家伝説の島(平島)など有人各島がそれぞれ特色を持ち、7島7色・色とりどりの魅力にあふれている。一番大きな中之島で周囲約32km。有人島の中で一番小さな小宝島で周囲約5kmと、のんびり歩いても1時間ほどで島を一周することができる。島への交通手段は週2便の村営フェリーのみ。各島にタクシーやレンタカー、飲食店やスーパー、コンビニはない。それを不便とは思わず、民宿を拠点にして主に徒歩で行動するスタイルに、この旅の醍醐昧がある。大和・琉球の両文化の影響を受けた独特な風習が残る島々で、今まで経験したことがない新しい旅の過ごし方を見つけたい。
【周囲】:口之島20.38km、中之島31.8km、諏訪之瀬島27.15km、平島7.23km、悪石島12.64km、小宝島4.74km、宝島13.77km

Google MAPで見る >

■問い合わせ先
十島村経済課 地域振興課 TEL:099-222-2101

景観

刻々と表情を変える、幻想的ないくつもの風景
トカラ列島全域は鹿児島県立自然公園に指定されていて、各島それぞれの特色ある原生風景に彩られている。

伝統・文化

悪石島だけに残る古くから伝わる奇祭
2009年7月の皆既日食でも話題となった悪石島は、神々の集まる島として広く知られている。それを象徴するのが、毎年盆踊りの最終日(旧暦7月16日)に現れる「仮面神ボゼ」。太鼓の合図とともに奇抜な面をつけた「仮面神ボゼ」か現れ、赤土を塗った細長い棒で人々の邪気をはらうという。民俗学的に非常に貴重な祭祀で、島外からも多くの人が訪れる。強烈な印象を与えるこの盆踊りは、県指定の無形民俗文化財にもなっている。

まだある!「トカラ列島」の楽しみ方

シェアする

次に読みたい記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.