【川内川流域県立自然公園】滝、川、梅の名所。古き良き日本を感じよう

川内川河口から曽木の滝の上流域にかけ、変化に富んだ河川流域景観が広がる川内川流域県立自然公園、川のせせらぎや流れ落ちる滝が、大自然の鼓動を感じさせてくれます。

川内川流域県立自然公園の楽しみ方

曽木の滝は落差12mの急崖を飛沫と轟音をあげて落下し、その景観は雄大かつ壮観で「東洋のナイアガラ」とも呼ばれています。川内川中流域にある大鶴湖は発電を目的とした鶴田ダムの造成によりできた湖で、緑豊かな自然に囲まれています。
伊佐市の十曽池公園では春に新緑やツツジを、夏に清流を、秋に紅葉を楽しむことができます。また、公園の上流には清流がこだまする奥十曽渓谷があり、十数個の滝の渓谷美と樹齢100年を超えるスギ、シイ、カシを見ることができます。
紫尾山では360度パノラマの山頂や渓流など自然に恵まれ、森林浴を楽しむことができます。また、川内川では各所でバードウォッチングも楽しむことができます。

 

こうやってまわると楽しい!おすすめコース


 


■県立自然公園についてのお問い合わせ
鹿児島県環境林務部自然保護課
電話番号:099-286-2617

シェアする

次に読みたい記事

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。