吉野薬園跡 (ヨシノヤクエンアト)

段々畑の名残が今も 薩摩藩の薬用植物栽培園

中薩摩エリア 農業

1779年に設置された薩摩藩の薬用の植物栽培園。広さは約10,000㎡で、上下2段の段々畑に約130種もの植物が栽培されていました。現在、この場所は吉野小学校となっています。校舎と校庭にある段差は、薬園が営まれていたときの段々畑の名残です。薩摩藩には吉野薬園のほか、薩摩半島南部に山川薬園、大隅半島南部に佐多薬園がありました。山川・佐多は温暖な気候を利用して、レイシやリュウガンなど南方系の薬用植物を栽培。吉野薬園は主に、朝鮮人参など温帯産の薬用植物を栽培していました。

産業遺産情報

建設年代 安永8年
(1779)
土地所有者・管理者 鹿児島市
標柱・説明版 説明板有り
地表遺構の有無 吉野薬園は現存していませんが、校舎と校庭とで段差のある地形は、江戸時代、吉野薬園が「上の段」「下の段」と別れていた地形をそのまま残しています。
見学の際の留意事項 ・吉野小学校内に所在し、校外から見えない位置に標柱や説明板が設置されているため、見学の際は、学校側に許可を取る必要があります。
・校庭の中でも薬園となっていた位置は、現在、保存樹アキニレの大木のあるあたりから1ヘクタール程度と伝えられています。

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市吉野町
交通アクセス 鹿児島市営バス「大石様河バス停」徒歩3分
駐車場 無し
ホームページ かごしまデジタルミュージアムHP

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。