頴娃砂鉄採取地 (エイサテツサイシュチ)

集成館の高炉で使用する 砂鉄を採取した海岸

南薩摩エリア 製鉄 鉄製大砲

江戸時代の知覧地域では、主に頴娃の海岸から砂鉄を採取し、盛んに製鉄を行っていました。特に、頴娃村矢越の浜の砂鉄は良質であると有名で、厚地松山製鉄遺跡のほか、集成館にも運ばれて高炉製鉄の原料に使われていました。砂浜には砂鉄が集中する場所があると見られ、砂浜を掘って砂鉄の層を探したいわれています。また、矢越の浜へ向かう道の途中には、砂浜を見守る神様である「砂鉄の神様」が祀られています。 

産業遺産情報

土地所有者・管理者
標柱・説明版
地表遺構の有無 砂鉄を採集した砂浜が残っています。
見学の際の留意事項 矢越公民館を西側に向かうと、左手に砂浜に降りる道があります。

基本情報

住所 鹿児島県南九州市頴娃町
電話番号 0993-83-4433(南九州市教育委員会)
交通アクセス JR指宿枕崎線御領駅より車で約5分
駐車場 無し

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。