久慈白糖製造工場跡 (クジハクトウセイゾウコウジョウアト)

奄美大島に建設されたイギリス最新技術の久慈白糖製造工場

奄美エリア 白糖

1867年、薩摩藩の御仮屋(役所)が置かれた久慈集落に建設され、5年間操業しました。建物は、レンガづくりの土台にトタン屋根で、40人以上の作業員が働いていたとされています。工場の大きさは約90m×27m。煙突が7本もある、2階建ての大規模工場でした。最も高い煙突は、高さが36mもあったと記録されています。建物の跡は残っていませんが、発掘調査では凝灰岩の切石(白糖石)や、レンガ積みの遺構が確認されています。白糖石は集落の民家の塀に転用されており、今でも見ることができます。

産業遺産情報

建設年代 慶応3(1867)年
土地所有者・管理者 民有地
標柱・説明版
地表遺構の有無 建物は残っておらず,現在はみかん畑となっています。
平成28,29年度に県立埋蔵文化財センターが発掘調査を行い,レンガ積みの遺構を確認しました。
集落では,白糖工場建設に使用した凝灰岩製基礎石の二次利用(民家の壁等)を見ることができます。
見学の際の留意事項 現地ではハブ(毒蛇)に注意してください。

基本情報

住所 鹿児島県大島郡瀬戸内町久慈
電話番号 0997-72-2905(瀬戸内町教育委員会)
交通アクセス 奄美大島空港より久慈集落まで車で150分。(国道58号線を南下し瀬戸内町市街地(古仁屋)まで120分。瀬戸内町市街地より県道79号線を西に進み,車で約30分)
駐車場 有り(久慈集落公民館)
ホームページ 久慈白糖製造工場跡フェイスブック

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。