島尾敏雄文学碑 (シマオトシオブンガクヒ)

[奄美大島]加計呂麻島にある文学記念碑

奄美エリア 特攻・戦跡 史跡・寺社・武家屋敷

戦後文学の旗手、島尾敏雄は戦時中呑之浦で海軍特攻隊長でした。妻となるミホとの出会いやここでの極限体験が文学の原点になったといわれ、今でも格納壕には復元された艇(震洋艇)があります。




※奄美大島へお越しの際は、必ずこちらをご確認ください

基本情報

住所 鹿児島県大島郡瀬戸内町呑之浦
電話番号 0997-72-1199(奄美せとうち観光協会)
料金 無料
交通アクセス [フェリー・車]
・大島本島古仁屋から瀬相へフェリーで約25分、瀬相港から車で約10分
駐車場
ホームページ 公式サイトを見る
瀬戸内町ホームページ

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.