須古白糖製造工場跡

イギリス最新技術でつくられた 須古白糖製造工場跡

前へ 次へ
1866年、焼内湾奥にある須古集落に建設。約2年、操業しました。建物は平屋建てで,レンガづくりのトタン屋根。60人弱の作業員が働く大規模な工場でした。工業用水を確保するために、近くの蔵戸川から水を引きレンガづくりの貯水池がつくられました。工場にはサトウキビを搾る圧搾機、これを動かす蒸気機関、黒糖を精製する機械を設置。薩摩藩は蒸気船豊瑞丸を使って機械を輸送しました。現在、工場は畑となり、建物の基礎に使用された凝灰岩の切石(白糖石)は民家の塀に,耐火レンガは墓の囲い石として二次利用されています。
住所 鹿児島県大島郡宇検村須古 MAP
電話番号 0997-67-2261  (宇検村教育委員会) Phone
アクセス 宇検村役場から車で約5分
駐車場 無し
建築年代 慶応2(1866)年
土地所有者・管理者 民有地
標柱・説明版 標柱,説明板あり
地表遺構の有無 建物は残っておらず、現在は畑となっています。
見学の際の留意事項 白糖製造工場で使われていた耐火レンガは,宇検村生涯学習センター「元気の出る館」歴史民俗資料室に展示されています。

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約