とりまく人々

義弘は本家15代・島津貴久の次男として生まれた。初め「忠平」と名乗り、室町幕府将軍の足利義昭の偏諱を賜って「義珍」、「義弘」と名を改める。剃髪後は「惟新斎(いしんさい)」と号し、こちらの呼び名でも親しまれている。太守である父の貴久や兄の義久に従い、義弘はおもに軍事面を担当。九州を転戦し、勢力拡大において中心的な役割も担った。そして、豊臣政権に臣従したあとも、華々しい戦功を残す。

次に読みたい記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.