若狭姫墓地 (ワカサヒメボチ)

[種子島]日本人初の国際結婚をした女性

種子屋久・十島三島エリア 史跡・寺社・武家屋敷

天文12年(1543年)、第14代島主であった種子島時尭は、種子島に漂着したポルトガル商人から鉄砲を譲り受け、鉄砲製作を刀鍛冶八板金兵衛らに命じました。八板金兵衛の娘である若狭は、父の火縄銃国産化の力になるためにポルトガル人と結婚し、ポルトガル人から鉄砲製造法を聞き出しました。そして、八板金兵衛はわずか2年で国産化に成功したため、若狭は火縄銃国産化の影の立役者といわれています。八板家系図には、「若狭、大永7年(1527)丁亥4月15日生れ。母楢原氏女。天文12年(1543)8月、牟良叔舎に嫁し蛮国に至り感ありて一首を詠ず。『月も日も日本の方ぞなつかしきわが二親のあると思へば』天文13年(1544)蛮船に駕し来り父子相見る。数日にして若狭大病にて死すと詐り、棺槨を営みて殯葬す。蛮人これを見て涙を流さず。」と記されています。また、ポルトガル人に嫁いだ若狭は、日本人初の国際結婚者といえます。



※種子島・屋久島へお越しの際は、必ずこちらをご確認ください

基本情報

住所 鹿児島県西之表市西之表
営業日 通年
交通アクセス [車]
・西之表港より約5分
・種子島空港より約25分
駐車場
ホームページ 西之表市の史跡・文化財スポット

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.