八板金兵衛清定像 (ヤイタキンベエキヨサダゾウ)

[種子島]国産第一号の火縄銃製造者である八板金兵衛の銅像

種子屋久・十島三島エリア 史跡・寺社・武家屋敷

美濃国関(岐阜県)の鍛冶職人であった八板金兵衛は種子島へ来住してきました。金兵衛は種子島で鍛冶屋の頭領となり、天文12年(1543年)、第14代島主種子島時尭より、種子島に漂着したポルトガル商人から譲り受けた鉄砲を解体し、国産の鉄砲を製造するよう命じられました。銃形はすぐに完成させることができましたが、銃底を塞ぐネジ止めに苦戦の日々でした。娘の若狭がポルトガル人に嫁いだことで銃底を塞ぐネジの技術を手に入れ、天文14年(1545年)、わずか2年で火縄銃の国産化に成功しました。



※種子島・屋久島へお越しの際は、必ずこちらをご確認ください

基本情報

住所 鹿児島県西之表市栄町
電話番号 0997-23-3215(社会教育課文化財係(種子島開発総合センター鉄砲館))
営業日 通年
交通アクセス [車]
・西之表港より数分
・種子島空港より約30分
駐車場
ホームページ 西之表市の史跡・文化財スポット

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。