松崎砲台跡 (マツザキホウダイアト)

薩英戦争に備えてつくられた 臨時の砲台跡

大隅エリア 薩英戦争 砲台

松崎海岸後方の砂丘地に薩英戦争に備えて建設された臨時の砲台。大砲3門が25メートル置きに設置されたと記されています。現地には凝灰岩の切石を3段積んでつくった、長さ13m、高さ1.3mの石積が残っており、これらは砲台の一部という可能性があります。対岸には、1844年に砲台が設置された指宿の名所・知林ヶ島を見ることができます。

産業遺産情報

建設年代 文久3年(1863)
土地所有者・管理者 錦江町,民有地
標柱・説明版 有り
地表遺構の有無 胸壁の石垣と土塁の一部が残っています。

基本情報

住所 鹿児島県錦江町大根占
電話番号 0994-22-0517(錦江町教育委員会)
交通アクセス 錦江町役場から車で約10分
駐車場 無し

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。