与論十五夜踊り (ヨロンジュウゴヤオドリ)

国指定重要無形民俗文化財である与論十五夜踊り

奄美エリア 郷土芸能・伝統行事

国指定重要無形民俗文化財である与論十五夜踊り。島民慰安のためと同時に、島中安穏、五穀豊穣(雨乞い)の祈願と感謝の意味を込め、毎年旧暦3月、8月、10月の各15日に行われます。琉球風の踊りを奉納する2番組と、大和の狂言風の踊りを奉納する1番組とで構成され、交互に踊りが奉納されます。最後は会場に集まった方々で一緒に踊って終演を迎えます。

基本情報

住所 鹿児島県大島郡与論町城
電話番号 0997-97-2441(与論町教育委員会)
開催日 旧暦3月15日、旧暦8月15日、旧暦10月15日
開催場所 琴平神社
交通アクセス [車]
・与論空港より約10分
・与論港より約10分
ホームページ 公式サイトを見る

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。