鶴丸城跡(鶴丸城御楼門)

令和2年4月11日から、鶴丸城御楼門が一般開放されました。

前へ 次へ
鹿児島(鶴丸)城は、慶長6年(1601)頃に、のちに島津家第18代当主・初代藩主となる家久が建設に着手した島津氏の居城です。居館(現:県歴史資料センター黎明館・鹿児島市城山町)の正面中央には、御楼門がありましたが、明治6年(1873)の火災で焼失しました。御楼門の高さ、幅はともにおよそ20mと国内最大の城門です。梅雨時期から、堀がハスの花の見頃となります。
住所 鹿児島県鹿児島市城山町7番2号 MAP
電話番号 099-222-5100 Phone
交通アクセス ・市電「市役所前」・バス「市役所前」下車、徒歩5分
・カゴシマシティビュー「薩摩義士碑前」下車すぐ
営業期間 通年
HP 関連リンクを見るWeb
関連リンク 鹿児島県歴史資料センター「黎明館」

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約