桂山寺跡(赤山靭負の墓) (ケイザンジアト(アカヤマユキエノハカ))

中薩摩エリア 明治維新ゆかりの地 史跡・寺社・武家屋敷

■桂山寺跡(けいざんじあと)/日置市指定文化財記念物(史跡)

日置山桂山寺は、曹洞宗龍雲寺(日置市東市来町長里)の末寺。元は霊徳寺という寺でしたが、文禄四年(1595)、日置島津家三代常久が日置を治めた時、これを桂山寺と改め、父忠隣の菩提寺としました。桂山寺は、明治二年(1869)頃に廃仏毀釈で廃寺となりましたが、忠隣の墓は正面の小高い所に残っています。また、ここから西側に約百メートル離れた所には、日置島津家などの墓地があり、そこには「お由羅騒動」で切腹を命ぜられた赤山靭負(あかやまゆきえ)の墓もあります。

文化財指定:昭和52年(1977)日吉町 平成17年(2005)日置市

※看板内容を引用

基本情報

住所 鹿児島県日置市日吉町日置
電話番号 099-273-2111(日置市役所)
交通アクセス JR伊集院駅から車で15分
駐車場 なし
ホームページ 公式サイトを見る

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設


ここに行くモデルコース ここに行くモデルコース

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.