大田発電所 (オオタハツデンショ)

串木野芹ヶ野金山のための 大田水力発電所

中薩摩エリア 国指定文化財 鉱山

大規模な金山の近代化を図った五代龍作(五代友厚の養子)が、串木野芹ヶ野金山に電気を供給するために建設させた発電所です。当初の出力は250wで、神之川の水力と落差を利用して発電を行いました。ヨーロッパ風の石造建造物で、南側には六角形の塔がついていて、屋根壁中央には島津家の家紋が施されています。島津家が建設した発電所のうち、唯一、明治期の姿を留めている発電所でもあります。

産業遺産情報

文化財指定 国登録有形文化財
建設年代 明治41年(1908)
土地所有者・管理者 九州電力
標柱・説明版 説明板あり
地表遺構の有無 現役の発電所で,石造平屋建ての建物が現存している。敷地の外から建物を見学できる。

基本情報

住所 鹿児島県日置市伊集院町大田
電話番号 099-248-9432(日置市教育委員会)
交通アクセス 鹿児島市街より美山ICから車で10分、川内方面より国道3号線美山入口から車で10分、JR伊集院駅からバス(鹿児島交通)上川内/羽島方面(いずれも湯之元・串木野経由普通便)で「大田下」停留所下車後徒歩15分
駐車場 無し
ホームページ 公式サイトを見る

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。