桂山寺跡(赤山靭負の墓)

前へ 次へ
■桂山寺跡(けいざんじあと)/日置市指定文化財記念物(史跡)
日置山桂山寺は、曹洞宗龍雲寺(日置市東市来町長里)の末寺。元は霊徳寺という寺でしたが、文禄四年(1595)、日置島津家三代常久が日置を治めた時、これを桂山寺と改め、父忠隣の菩提寺としました。桂山寺は、明治二年(1869)頃に廃仏毀釈で廃寺となりましたが、忠隣の墓は正面の小高い所に残っています。また、ここから西側に約百メートル離れた所には、日置島津家などの墓地があり、そこには「お由羅騒動」で切腹を命ぜられた赤山靭負(あかやまゆきえ)の墓もあります。
文化財指定:昭和52年(1977)日吉町 平成17年(2005)日置市
※看板内容を引用
住所 鹿児島県日置市日吉町日置 MAP
電話番号 099-273-2111  (日置市役所) Phone
駐車場 なし
HP 関連リンクを見るWeb

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約